2005年 09月 18日
Divagations..
ディヴァガシオン。冗語、とりとめもないことを言うこと。

ちなみにこれは詩人ステファヌ・マラルメが自らの散文集に付けたタイトルだった。
それをここで自分のために使うこと、まさにマラルメが使った言葉だということを付け加えながら使うこと、に特段の意味があるわけではない。
いずれにせよこれは、つまりこの文章からして、さっきからとりとめもないことばかりを述べている。つまり:何も述べようとしていないということしか述べていないような文章。それがここでのテーマとなろう。そしてそのテーマは、自分が文章を書く際に常に考えてしまう、自分にとって親しいと言えるようなテーマだ。恐らく、学生時代からの。

そして、はたまた、既に忘れてしまった、過去の。

それを再び始めることが出来るのか? 再開=(おそらく何らかのイニシャルにて呼ばれていたことになろう人物との)再会? いやはや...

by junitchy | 2005-09-18 20:53 | 冗語縷々


<< Talk Talk