人気ブログランキング |
2007年 07月 23日
舞台裏
昨日7/22がpleyelさんの演奏会本番。
会場到着が若干遅れていたpleyelさん本人に代わり、私のほうで照明進行の細かな事前打ち合わせを行なった。本番では、舞台裏にて持参のMacを広げてデジタル録音しつつ、照明のキュー出しもやっていた。本当は客席で聴いてみたかったが、録音機材からの音声出力をイヤフォンで聴きながら、台本(とモニタ画面)で舞台の進行を確認しつつ、インカムでキューを出す、というのも、面白い体験だったと思う。

構想時点から関わっていてそもそも台本・曲目の原案も自分である程度までは書いていたので内容についてはよく分かっているし、公演に先立っての通し演奏も聴いていたのだが、改めて実際の公演を聴いていて(舞台裏にあってじっくり鑑賞というわけにはいかなかったにせよ)やはり大変感銘を受けた。『源氏』シリーズで朗読とピアノを数年来にわたって演じておられるpleyelさんの、語りとピアノとの間(ま)が絶妙。言葉が途切れたあとを音の断片が継いでいく。余韻、暗示、拡散、はたまた凝縮。全体を通して感情を込めた読みがとても素晴らしく、つい聴き入ってしまった。

特に、第一部の最後で、恋人の死の報せ(平資盛らが壇ノ浦で入水)を受けての右京大夫の絶唱詠四首の朗読に続いて演奏されたラヴェルの「鐘の谷」(ピアノ曲集『鏡』第五曲)のところで、私は思わず目頭が熱くなった(ただし回りに人がいたので我慢した)。また第二部でドビュッシーの悲しく切ない「雪の上の足跡」(前奏曲集第一巻第六曲)の途中では、上を向いてハンカチで目を押さえるほどだった。

今日、録音した音源を通して聴いていたが、またしても、今度は、右京大夫が建礼門院(壇ノ浦で助け上げられて寂光院に隠棲していた)を大原へ訪ねて嘆く場面に続いて弾かれるドビュッシー「沈める寺」(前奏曲集第一巻第十曲)でジーンとしてしまう。もともと好きな曲であるし、この曲は自分が選定したものだったので、場面の感情移入がしやすいということもあるのだろう。

録音音源を編集し、少しでも早く、多くの方へ公開することが出来れば、と思う。

by junitchy | 2007-07-23 22:45 | 冗語縷々 | Comments(0)


<< 白みゆく      解説:しのばしきむかしの名こそ... >>