タグ:Rolleiflex ( 8 ) タグの人気記事

2012年 12月 24日
石仏 - 常寂光寺
今年は、2月と11月の二回、京都へ行ったのだった。

この二回とも訪れたのは、嵯峨野の常寂光寺と、京北の常照皇寺。

写真もたくさん撮ったのだが、今まで公開出来ないでいた。

撮影後すぐにブログにアップされている方々が多いし、この「即時性」こそがSNSやブログなどの特徴でもあるわけだが、私はどうしても、撮影画像を公開するためにはしばしの「熟成期間」というか、時間的な経過が必要な気がしているのだ。写真が写真たりうるために。単なる記録としての写真から逃れるために。

これはやはり、フィルムで撮影して、現像に出して、戻ってくる、というこの「迂回」を介して初めて写真が自分の所有になる、という感覚からまだ抜けきれないということなのかもしれない(そしてもちろん、フィルムの場合はこの後にさらにスキャン作業が待ち構えているわけだが)。デジタルの場合はこのような迂回が無い分、時間的にしばし「放置」しておきたくなるのだ。この時間経過が、撮影画像に対して対等に(?)接することの出来るための準備期間なのだという気がしている。

…いやまあ、単にすぐに見返すのが面倒なだけで、その言い訳をあれこれと考えているに過ぎないのかも知れないが。


こうしたことを口実としておいて、今さらながら、今年2月に撮っていた写真などを幾つか見返してみよう。


 *


真冬の常寂光寺。
訪れて私の目に留まったのは、小さな滝の手前に座している、小さな石仏だった。
すかさずローライフレックスを構えて、一枚撮影。

e0077380_1515559.jpg

ROLLEIFLEX 2,8F (Carl Zeiss Planar 1:2,8 f=80mm), Kodak E100VS
EPSON GT-X970 (@3200dpi)


 

この後、境内をひととおり回ってから、他の観光客は素通りしてしまうようなこの石仏の前に再び戻り、私はひざをついて何枚も撮影してしまった。私はもともと、こうした小さな石仏、何気ない石仏が大好きなのだ。

e0077380_15423894.jpg

e0077380_15425036.jpg

e0077380_1543144.jpg

e0077380_15431098.jpg


SONY NEX-5N Distagon 2,8/25mm(1枚目)、Sonnar 2,8/85mm(2〜4枚目)
Lightroom 3 (RAW) + Photoshop CS5



改めて見返すと、真横から見たとき、下から見たとき、上から見たときでそれぞれ表情が少しずつ違って見えるのがまた良い。苦行に耐えているようでもあり、澄まし顔でもあり、平穏そのものの表情でもある。それぞれの写真において、この石仏は、それぞれの生を生きているようだ。


写真とは、つまり、こういうことなのだ。それは「生ける現在」の複製ではなく、あくまでも「死後の生」(sur-vivre) なのであり、写真は死後の生を生きるのである。云々、云々…。




 

 



 
[PR]

by junitchy | 2012-12-24 16:10 | 写真折節 | Comments(0)
2011年 12月 10日
葉叢・モノクロ

e0077380_1439312.jpg


 

e0077380_14395030.jpg



2010年5月3日 東京・神代植物公園にて
ROLLEIFLEX 2,8F (Planar 2,8 / 80mm), ILFORD XP2 SUPER
EPSON GT-X970, Photoshop CS3
※コンタクトスキャン@800dpiよりクロップ、縮小


  *


これは紅葉ではなくて、5月の新緑のカエデとツタの葉。
モノクロだが、瑞々しい色彩が感じられないだろうか。






 
[PR]

by junitchy | 2011-12-10 14:56 | 写真折節 | Comments(4)
2010年 01月 11日
薄暮・明月院
ROLLEIFLEX 2,8Fでの初めての撮影は、鎌倉の寺巡り。妙法寺、報国寺、建長寺と回り、夕刻に差し掛かったころ、明月院へ行った。

今まで何度となく鎌倉へは来ているが、明月院は今回が初めてだった。美しい庭園、静かな佇まい。

ローライで撮影した何枚かを、スリーブごとコンタクトスキャンで:

e0077380_2259716.jpg

ROLLEIFLEX 2,8F (Planar 1:2,8 / f=80mm)
Kodak E100VS; EPSON GT-X970+Photoshop CS3 ※800dpiにてスキャン後、縮小



4枚目の石仏は、コンタクトスキャンでは黒く潰れてしまっているので、フィルムホルダーを使用してスキャンし直した。

e0077380_22592043.jpg

『花仏』
ROLLEIFLEX 2,8F (Planar 1:2,8 / f=80mm)
Kodak E100VS; EPSON GT-X970+Photoshop CS3
2009/12/6 鎌倉・明月院にて
[PR]

by junitchy | 2010-01-11 23:22 | 写真折節 | Comments(0)
2008年 11月 30日
mortes - suspendues
e0077380_11844.jpg



"Feuilles mortes - suspendues"


Rolleiflex 3,5 F (Carl Zeiss Planar 1:3,5 / 75mm)
Kodak UC400; EPSON GT-X970, Photoshop CS3
2008年11月23日 玉川上水沿い緑道にて

 *

ローライフレックスを持ち出しての休日散歩写真。実に、実に久しぶりだ。

露出計が正常に動作しなくなってしまったので、今回はD-LUX 4を露出計の代わりとして持って行った。ローライでの撮影のリハビリのつもりもあったが、すぐに勘を取り戻した。ローライでの撮影はとてもゆっくり・ゆったりとしていて、その雰囲気が撮影した写真の中にも表れるように思っている。

このカットは、気持ちの良い午後の緑道を散歩している人のほとんどが目も止めないようなものだったかもしれない。落ち葉が蜘蛛の糸に引っ掛かっていてまるでその落下の痕跡を空中にとどめているかのようなその構図が私には殊のほか美しく感じられたので、ここで立ち止まってじっくり撮影してしまった。

フィルムは、使用期限が数年前に切れてしまっていたカラーネガ。案の定、現像が上がってくると色合いが悪く、スキャナ・ドライバにてまず退色補正し、さらにPhotoshopでも色調補正している。ちなみにこれはベタ・スキャンではなく、ブローニー用のフィルムホルダーを使用して3200dpiでスキャンした。
[PR]

by junitchy | 2008-11-30 01:44 | 写真折節 | Comments(0)
2006年 12月 31日
教室
e0077380_3444674.jpg

e0077380_34531.jpg


Rolleiflex 3,5 F (Carl Zeiss Planar 1:3,5 f=75mm)
ILFORD FP4 PLUS 125
(2000/11/25 昭和記念公園内の野外教室にて)
[PR]

by junitchy | 2006-12-31 04:37 | 写真折節 | Comments(0)
2006年 12月 23日
L'ange de violon
e0077380_21491984.jpg


"L'ange de violon" (ヴィオロンの天使)
2000年春
Rolleiflex 3,5 F (mit Carl Zeiss Planar 1:3,5 f=75mm)

2001年5月に私のホームページ "junitchy : Cahiers des images" を公開した時、表紙ページに使ったのがこの写真だった。だが、公開開始後3週間ほどで別の画像(「赤い芥子の花」)へ差し替え、それをしばらく使っていたので、この「天使」の画像を見たことのある方は少ないのではないかと思う。ちなみにこの天使像は、近所にあったカフェの店先に置いてあったもの。

現在、私のホームページ(画像メインで、細々とそれ以外のコンテンツをアップしていた)は、サーバを移転するという名目で、休止中である。実はすでに新しいサーバは契約済で、あとはデータをアップロードするだけなのだが、どうせなら新しいコンテンツで再スタートしたい、という気持ちから、まだ再開出来ていない。
取り敢えず構想などは出来ているのだが、撮影画像のスキャン(パソコンへの取り込み)作業がどうにも捗らない。新しいスキャナを買ってからしようとか、だったら新しいMacを買ってからのほうが…、とか、色んな自分なりの言い訳を作って後回しにしてしまっている。

実際、過去数年に渡り撮り溜めたフィルムがたくさんあり、その整理も何となく進んではいるのものの、保管状況があまりよくないこともあって、出来れば早急になんとかしなければならないと思ってはいる。でもなかなか手が付けられないでいる。
年内の再公開はまず無理だろう。まあなんとか年明けには公開したいのだが、仮に出来たとしても、またしばらく表紙だけ(で中身のない)サイト公開になりそうな予感…。
[PR]

by junitchy | 2006-12-23 22:18 | 写真折節 | Comments(0)
2006年 12月 17日
イリュミナシオン
前回投稿からまたかなり空いてしまった。今後もこんなペースでしか投稿出来ないだろう。いろいろ書きたいことはあっても、なかなかまとめられない。というか、なかなか書く気分になれない、いや、単に怠惰、なのであるが。

そんなわけでまた写真でお茶を濁すことにする。以前撮影したローライでのモノクロ。

e0077380_100770.jpg


e0077380_1002731.jpg


撮影データ(二枚とも共通):
2000年12月9日 新宿にて
Rolleiflex 3,5 F (mit Carl Zeiss Planar 1:3,5 / f = 75mm)
ILFORD HP5 PLUS 400 (ISO800増感)

これを撮影した頃はモノクロにはまり、自家現像などやっていた。ただしフィルムの現像だけで、印画紙への焼き付けにはついに手を付けなかった。はまっているときは何でも面白いのだが、一旦面倒になってしまうと、もうダメである。そういえば、2001年頃に撮影して、現像していないままのモノクロフィルムが数本あったりする。何を撮ったかもう忘れてしまった。春になり、水温20度を保ちやすい陽気になったら、久し振りに現像液など用意してやってみようか。でももうフィルムの端から感光して、真っ黒になっているかも知れないが。
[PR]

by junitchy | 2006-12-17 10:35 | 写真折節 | Comments(0)
2006年 10月 18日
二眼レフ
e0077380_2232168.jpg


"A portrait (Rolleiflex 3,5 F)"
CONTAX ST, Makro-Planar 2,8/60mm

     *

最近は、Rolleiflexを持ち出していない。もう2年以上使っていないかもしれない。2000年1月に購入してからしばらくは、あちこちに連れ回していたのだが。
先日、このローライで撮影したモノクロを何枚かスキャンしていた。それを今にして見てみると、最近はこういうのを撮ろうという気が起こらないなあ、と思うものも多い。でもまた久々に、街中のスロースナップなども撮ってみたくもなる。

スキャンした中から、一枚:

e0077380_22443216.jpg


"狛犬" 
Rolleiflex 3,5 F (Planar 1:3,5 / f=75mm)
ILFORD 100 DELTA; 2001/3/3

都内某所でのスナップ。何というか、今見ても身につまされる思いがする。

この界隈をスナップ撮影しながら歩いた時に撮影したフィルム1本(全12カット)を、撮影したそのままの順番で、ウェブサイトに公開してみようと以前考えていたことがあった。ブローニーフィルム1本をそのまま、12カットを全て公開する、というシリーズにしようと考えたのだ。いろいろ準備もしていたが結局企画倒れ、お蔵入りとなってしまったのだが、2002年2月11日に保存したその『Douze images(12のイマージュ)』のための「能書き」に、わたしはこんな言葉を書き連ねている:


「フィルムがずっと高価になれば、撮影者と写真との関係はもっと良くなると思う」

…或る映画監督のこの言葉が、頭から離れなかった。

写真を本格的に始めたとき、この言葉を座右の銘にしようと決めたのではなかったか。

ローライフレックスと、ロールフィルム1本、12枚。

その一枚目から、順番に、そのままで一つの「作品」として仕上げること。

テクニック、タイミング、そして「捉える」力…そのすべてが揃わなければ成り立たない。

そんな、たった1本のロールフィルム。それが、自分の究極の目標だ。


…何だか自分で読み返していてとても気恥ずかしいが、こんなことを考えていた時もあったのだと懐かしい。今では、同じようなカットを露出や構図を微妙に変えて何枚も撮り、あとで良いのを選ぶような撮り方をするのが至って当り前なってしまった。が、もし、ここで引用した或る映画監督の言葉(それを私は或るカメラ雑誌の記事で読んだような気がするが、詳細は覚えていない)のように、フィルムが大変高価だったなら、決してそんな撮り方はせず、一枚一枚をもっと大切に撮影するだろう。二度と取り返しの付かない一回のシャッター、絶望の取捨選択としてのシャッターというものに、もっと重みを見出すであろう。云々。

今度久々にローライでも持ち出して、初心に返ったつもりで何か撮ってみようか。
[PR]

by junitchy | 2006-10-18 23:47 | 写真折節 | Comments(2)