タグ:NEX-5N ( 17 ) タグの人気記事

2013年 12月 09日
散りかけの楓
今年は結局、紅葉を撮りに行くことが出来なかった。
いろいろと撮影小旅行の計画を立てていたのだが、行けずじまい。
そこで、昨年2012年に撮っていた写真より蔵出しで、お茶を濁すことにする。


昨年秋、京都の常照皇寺を訪れたあと、ゆっくり歩いて周山バス停まで戻りながら立ち寄った小さな寺にて、散りかけの楓。
e0077380_23531111.jpg



  
古びた門の屋根の上にもみじ葉はいったん散り落ちつつ、すぐさま風に吹かれていく。ほんのひとときの光景。
e0077380_0134873.jpg



 
2012年11月24日 京北・宝光寺
SONY NEX-5N, Carl Zeiss Biogon 2/35 ZM
Lightroom 5 + Photoshop CS6




 
[PR]

by junitchy | 2013-12-09 00:23 | 写真折節 | Comments(0)
2013年 04月 09日
e0077380_23321456.jpg



 
2013年2月11日
鎌倉・明月院にて

SONY NEX-5N, Carl Zeiss C Biogon 4,5/21 ZM
Lightroom 4 + Photoshop CS6.





 
[PR]

by junitchy | 2013-04-09 23:36 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 12月 31日
名残 - 常照皇寺(その3)
e0077380_13224831.jpg

 
e0077380_1322559.jpg

 
e0077380_1323188.jpg

 
e0077380_1323854.jpg

 

 
2012年11月24日 京北・常照皇寺
SONY NEX-5N
Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II (1,4)
Carl Zeiss Biogon 2/35 ZM (2)
Carl Zeiss Biogon 2,8/25 ZM (3)
Lightroom 3 (RAW) + Photoshop CS5






 

 
 
[PR]

by junitchy | 2012-12-31 13:27 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 12月 31日
名残 - 常照皇寺(その2)
e0077380_139499.jpg

 
e0077380_1382678.jpg

 
e0077380_1383628.jpg

 
e0077380_1385212.jpg

  
e0077380_1314448.jpg


 
 
2012年11月24日 京北・常照皇寺
SONY NEX-5N
Carl Zeiss Biogon 2/35 ZM (1枚目)
Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II
Lightroom 3 (RAW) + Photoshop CS5



 


 
[PR]

by junitchy | 2012-12-31 13:19 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 12月 31日
名残 - 常照皇寺(その1)
e0077380_12594716.jpg

 
e0077380_12595414.jpg

 
e0077380_130225.jpg

 
e0077380_130105.jpg


 

2012年11月24日 京北・常照皇寺
SONY NEX-5N + Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II
Lightroom 3 (RAW) + Photoshop CS5






 

 
[PR]

by junitchy | 2012-12-31 13:08 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 12月 24日
石仏 - 常寂光寺
今年は、2月と11月の二回、京都へ行ったのだった。

この二回とも訪れたのは、嵯峨野の常寂光寺と、京北の常照皇寺。

写真もたくさん撮ったのだが、今まで公開出来ないでいた。

撮影後すぐにブログにアップされている方々が多いし、この「即時性」こそがSNSやブログなどの特徴でもあるわけだが、私はどうしても、撮影画像を公開するためにはしばしの「熟成期間」というか、時間的な経過が必要な気がしているのだ。写真が写真たりうるために。単なる記録としての写真から逃れるために。

これはやはり、フィルムで撮影して、現像に出して、戻ってくる、というこの「迂回」を介して初めて写真が自分の所有になる、という感覚からまだ抜けきれないということなのかもしれない(そしてもちろん、フィルムの場合はこの後にさらにスキャン作業が待ち構えているわけだが)。デジタルの場合はこのような迂回が無い分、時間的にしばし「放置」しておきたくなるのだ。この時間経過が、撮影画像に対して対等に(?)接することの出来るための準備期間なのだという気がしている。

…いやまあ、単にすぐに見返すのが面倒なだけで、その言い訳をあれこれと考えているに過ぎないのかも知れないが。


こうしたことを口実としておいて、今さらながら、今年2月に撮っていた写真などを幾つか見返してみよう。


 *


真冬の常寂光寺。
訪れて私の目に留まったのは、小さな滝の手前に座している、小さな石仏だった。
すかさずローライフレックスを構えて、一枚撮影。

e0077380_1515559.jpg

ROLLEIFLEX 2,8F (Carl Zeiss Planar 1:2,8 f=80mm), Kodak E100VS
EPSON GT-X970 (@3200dpi)


 

この後、境内をひととおり回ってから、他の観光客は素通りしてしまうようなこの石仏の前に再び戻り、私はひざをついて何枚も撮影してしまった。私はもともと、こうした小さな石仏、何気ない石仏が大好きなのだ。

e0077380_15423894.jpg

e0077380_15425036.jpg

e0077380_1543144.jpg

e0077380_15431098.jpg


SONY NEX-5N Distagon 2,8/25mm(1枚目)、Sonnar 2,8/85mm(2〜4枚目)
Lightroom 3 (RAW) + Photoshop CS5



改めて見返すと、真横から見たとき、下から見たとき、上から見たときでそれぞれ表情が少しずつ違って見えるのがまた良い。苦行に耐えているようでもあり、澄まし顔でもあり、平穏そのものの表情でもある。それぞれの写真において、この石仏は、それぞれの生を生きているようだ。


写真とは、つまり、こういうことなのだ。それは「生ける現在」の複製ではなく、あくまでも「死後の生」(sur-vivre) なのであり、写真は死後の生を生きるのである。云々、云々…。




 

 



 
[PR]

by junitchy | 2012-12-24 16:10 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 11月 04日
戸隠・鏡池・曇り空
2012年10月27日、日曜日。

紅葉が盛りの戸隠はどんよりとした曇り空。青空と紅葉を期待して来たので、やや残念。

ハイキングコースを散策し、鏡池に着いた昼前頃もまだ曇っていたのだが、ふと、日差しが差し込んで池の向うの色づいた木々を照らす。

e0077380_213022.jpg
(SONY NEX-5N + Carl Zeiss Biogon 2/35 ZM, Lightroom3 (JPEG) + Photoshop CS5)
 
 
e0077380_21295158.jpg
(SONY NEX-5N + Carl Zeiss Biogon 2,8/25 ZM, Lightroom3 (JPEG) + Photoshop CS5)

またすぐに陰ってしまったが、灰色の空のもと、雲に弱められた絶妙な光加減で、なんと言うか「凄み」のある色調だ。青空の下で映える紅葉ももちろん良いが、どんよりした曇り空に見る紅葉もまた美しいものだ。




 
[PR]

by junitchy | 2012-11-04 22:11 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 10月 06日
休日散策 (NEX 5N + Biogon 2,8/25 ZM)
e0077380_14324244.jpg

ニコライ堂、門前より。

 
e0077380_14324871.jpg

お茶の水付近。

 
e0077380_1432526.jpg

湯島聖堂。

 
e0077380_14325639.jpg

上野公園にて、秋の空。


 
2012/9/29 東京
SONY NEX-5N + Carl Zeiss Biogon 2,8/25 ZM
Lightroom3 (RAW) + Photoshop CS5


 *

ZMレンズ第二弾としてBiogon 35mmF2に続いて導入したのが、Biogon 25mmF2,8。CONTAX Gシリーズには無かった焦点距離なので、35mmとともに前々から気になっていた。角形フードを付けて、5Nにも良く似合う。25mmは5Nでは37.5mm相当となり、ほぼ広角35mmレンズの感覚で使えるので街角スナップで使いやすい。

この日は、このレンズ一本で神田〜お茶の水〜上野あたりを散策。考えてみると、このあたりで写真を撮ったことはあまりなかった。ほとんど気付かれない小さな神社や、世俗的な大きな神社などへも回ってみた。普段よく行く街の、普段は歩かない道に入り込むこと、これが散策の面白さだ。



 


 
 
[PR]

by junitchy | 2012-10-06 15:01 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 10月 03日
東京ゲートブリッジ (NEX 5N + Super Wide-Heliar 15mm F4.5)
e0077380_23373479.jpg


e0077380_2337266.jpg


e0077380_23373053.jpg




2012/9/16 東京ゲートブリッジにて
SONY NEX-5N + Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II
Lightroom3 (RAW) + Photoshop CS5

  *

強烈な存在感を放つ東京ゲートブリッジを、コントラスト強めのモノクロにて。
洋上に掛かる橋、というよりも、天空の下に延びる橋というイメージで、白く輝く雲とともに。

すぐ近くの羽田空港へ向かって着陸体勢に入った飛行機が、上空をかすめるように頻繁に見える。
橋の歩道を歩くと海風が吹き抜けてとても爽快だが、海面から60m以上あるので高いところが苦手な人は駄目だろう。


 
 
 
 
 
[PR]

by junitchy | 2012-10-03 00:06 | 写真折節 | Comments(0)
2012年 09月 23日
城ヶ島 (NEX 5N + Biogon 2/35 ZM)
e0077380_22133394.jpg


e0077380_22133877.jpg


e0077380_22132679.jpg



2012/9/9 城ヶ島にて
SONY NEX-5N + Carl Zeiss Biogon 2/35 ZM
Lightroom3 (RAW) + Photoshop CS5


   *


前回のエントリと同じ日の撮影。Super Wide-Heliar 15mm F4.5を購入後に他のMマウントレンズも使ってみたくなり、今月頭に購入したのが、Carl Zeiss Biogon 35mmF2 ZM。5Nで使用すると52.5mm相当で、これも使用感はほぼ50mm。この日が初使用だったのだが、とても使いやすい印象。5N用の標準レンズとして定番となりそうだ。





 
 
[PR]

by junitchy | 2012-09-23 22:32 | 写真折節 | Comments(0)