<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年 09月 02日
A matter of dignity.
尊厳の問題。

(2011/5~)

某とかいう反捕鯨団体による、和歌山の捕鯨が盛んな或る漁村での執拗な嫌がらせの様子を撮影した映像を見た。

そこでは、漁民の顔面にビデオカメラを向け、漁民に対して悪態をつき、蔑みの言葉を発して、漁民が耐えかねて怒り出すところを撮影しようとしている反捕鯨団体の様子が映し出されていた。

執拗なカメラの追跡から顔をそらすと「恥ずかしいことをやっていると分かっているから顔を隠すのだろう、お前は負け犬だ」などと言っているのだが、それらの言葉は彼らの母国語(つまり英語)で喋られているのであり、彼らが独り言を呟いているのでない限り、それはその場にいる漁民に向けられているのではないし、少なくとも漁民が彼らの言葉を理解するかどうかは問題ではない。そうではなく、彼らの念頭にあるのは、きっとその動画をインターネットで見るであろう人々、彼らにとって最も大切な、彼らを金銭的に支援してくれるであろう人々が、それらの罵りの言葉が漁民に対して投げつけられているのを聞いてくれること、そのことだけだ。

彼らがそもそも漁民を相手にしているのではない以上、いかなる種類の話し合いも効果はないであろう。彼らは単に抗議する対象があればよいのであり、そもそもそれ以上でもそれ以下でもない。彼らの目的は抗議することそのものであり、抗議していることを見せることであるので、それによって事態が彼らの主張にとって進展したことになるかどうか、ということは二の次なのだ。

 *

反捕鯨団体は、捕鯨がいかに残虐かをアピールせんがためにクジラやイルカの屠殺の場面を撮影しようとする。漁民は、撮られまいとして大きなシートを張って覆いをするのだが、やはりその隙間から血まみれの屠殺体を撮られてしまう。その映像は即座にインターネットに公開され、それは新たな抗議と、新たな寄付行為を生むことになるのであろう。

だが何故、隠そうとするのか。決して後ろめたいことをしているわけではないのに。漁民たちは自問する。そうして見い出した答えは、命の尊厳、ということだった。命を絶って命を繋ぐ。この尊い命の犠牲に、報いなければならない。見世物のように、好奇の目に、それを利用しようとする者の目に晒してはならないのだ。このような思いは、漁民だけではなく、自ら精魂込めて育ててきた家畜を最後には屠ることになる畜産農家にも共通のものであろう。それは、厳かな行為であるべきなのだ。

いやそもそも、かつて人間は、他の動物と同じように生き延びて来たのだ。ただ単に、屠殺ということを現代生活では「見ずに済ませる」ことが出来ているのに過ぎない。だからそれを改めて見ること、知ることに意義はあるだろう。だがそれはまさに命の尊さを再認識する場であるべきであり、行為の見た目の残虐さを喧伝するためであってはならない。例えば食肉工場で、片足で逆さに吊るされた大量の鶏がラインの流れ作業のなかで絶命し、羽根を毟られ、皮を剥がれ、解体され、加工されるのと、クジラの一群が浅瀬に追い込まれて撲殺されるのと、どちらが残虐でどちらか残虐でないかなど、果たして如何なる基準で決められるというのだろうか。

反捕鯨団体のメンバーは鶏や牛の屠殺には全く注意を払わないばかりか、その厳かさなどということには関知しないからこそ、彼ら自身の生活には影響が及ばないクジラ・イルカ漁だけを取り上げて、その厳かな行為を見世物にすることができるのだろう。そして彼らは、彼らのカメラが映し出した映像がショッキングなものであればあるほど、彼らの収入に直結するということしか考えていないのだ。

 *

さて、自らの価値観を専ら相手に押しつけ、相手の言い分は聞く耳を持たない、そのような彼らの行動の根底には、キリスト教に通じる考え方があると思わざるを得ない。つまり、イエスの教えを守るのではなく、聖書に書かれたこと、後世に定めたその解釈だけを頑なに守る宗教である、ということを先に指摘したが、その意味でのキリスト教だ。

「汝の隣人を愛せよ」という言葉は、ありていに言って「隣人」がキリスト者であるか、ないしはキリスト者となる限りにおいてのみ通用するのであり、他宗派や、いわんや他の「邪悪」で「誤った」教えを信仰する者はそもそも「隣人」でさえもない。そのような者たちは、彼らキリスト者にとっては「滅ぶべき存在」であって「亡き者」も同然であるから、そこには「他なるもの」への畏敬の念などということは有り得ない。異なる考えを持つ他者とは、その隔たりのまま互いに分かり合うことの出来る「隣人」といったものではなく、自分の考えを相手に無理に押しつけるか、それでも受け入れなければ排除するかの「対象」でしかないのだ。そして厄介なのは、彼らはそれを正しい行いだと信じていることである。信念をもって、他者をないがしろするのだ。これはそのまま、某反捕鯨団体の行動に当てはまる…彼らが純粋に反捕鯨に信念を持っているならば、であるが。いやそれとも、これでは彼らをすっかり買いかぶっていることになるであろうか。

  *

だから、問題なのは尊厳ということだ。まずは、絶たれる命の尊厳。そして、人間の、他者の尊厳、ということ。

反捕鯨とは、こうした尊厳というものを「ないがしろ」にすることでのみ成り立っているのだ、と言えないだろうか。

(〜2012/1)







 
[PR]

by junitchy | 2013-09-02 20:58 | Faits-Divers | Comments(0)