<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 02日
"Strawberry Fields Forever" - in Mono
まず、私が聴き馴染んでいたのは"1967-1970"(いわゆる「青盤」)のステレオヴァージョンと、アメリカ編集LP"Magical Mystery Tour"収録のステレオヴァージョン。余談だが、「青盤」収録のヴァージョン(追記:日本盤)では、曲の最後で一旦フェイドアウトしてから再度フェイドインするまでのタイミングが若干長いことで有名。また「Magical…」収録ヴァージョンとは同じステレオでもミックスが若干異なる。

さて今回『モノ・ボックス』で私は初めてこの曲のモノラルミックスを聴いた。

まず曲の出だしで、ステレオミックスではメロトロンのリフが左チャンネル側から聞こえ、それに続くピアノのコードは右チャンネル側にジャーンと入って、ジョンのヴォーカルがセンターに入る。これはこれで聴き慣れてしまうと違和感は感じないし、いかにもサイケデリックな印象すら与えるものだが、ひとたびモノラルミックスで聴いてしまうと、もうだめだ。

モノラルミックスでは、当然ながら、メロトロンとピアノとヴォーカルは不自然に分離してしまわずに、一つの音場の奥行き感の中にあって滑らかに繋がっており、ごく自然に曲が始まる。何故ステレオでわざわざ左右に振ったのだろうかと訝しく思えてしまう。
また、曲の途中(実際には全くの別テイクを編集で繋げているのだが)から入るストリングスやホーンは右チャンネルに入り、リンゴによるかなりエキサイティングなドラムの左チャンネルと完全に分かれてしまうのだが、モノラル版ではこの両者の音響はうまく融合されている。

つまり、各パートのサウンドがバランス良く(このことはモノラルミックスではとても重要だ)まとめられていて、総体として曲の一体感が違うのである。ステレオミックスの音響的作為はかえって曲の印象をぼかしてしまい、せっかくの素晴らしいこの楽曲を単に「サイケデリックな雰囲気」という受容にのみ貶めてしまっているかのようだ。"Strawberry Fields Forever"に関しては、一つのサウンドプロダクションとしてモノラルミックスの方が完成度が高い、というのが私の感じ方だ。

さらにいうと、本国イギリスでは1973年に「青盤」においてステレオヴァージョンが登場するまではシングル盤のモノラルヴァージョンが「現行版」であったわけである(このことは他のシングル盤にも当てはまることが多いようだ)。アメリカ編集LPにはステレオで事後的に収録はされていたが、やはりプライオリティは1967年1月発売のシングル盤にあるだろう。

ここで私は「正統」という言い方をしてみたくなるのだが、この曲に関して言うとそれは、その出自からして、またその音像からして、紛れもなくオリジナルシングル盤で最初に発表されたモノラルミックスヴァージョンなのだ、という気がするのである。
[PR]

by junitchy | 2010-10-02 14:01 | 音楽所懐 | Comments(0)