<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 09日
Listes de lecture - 6-7 juin 2007
2007/6/6朝。80年代ヒット曲ものを集めたプレイリストをシャッフル。


07:43 - Time (Clock Of The Heart) / Culture Club / The Best Of Culture Club
1983年は、私が『全米トップ40』を聴き始めた年(それからしばらく、私はチャート・マニアの「真似事」をしていたのだった)。ちょうど、いわゆる「第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン」ということが言われていた頃。アメリカのヒットチャート上位にはイギリスものがわんさと溢れていた。カルチャー・クラブの『Do you really want to hurt me?』とデュラン・デュランの『Hungry like the wolf』は、私がヒットチャートを付け始めた頃(正確に覚えている:1983/2/26付のヒットチャートから)、ずっと並んでランクインしていた(最高位もそれぞれ2位と3位)。

07:48 - Would I Lie To You / Eurythmics / Be Yourself Tonight
私が初めてライブを観に行った洋楽アーティストが、実はユーリズミックスだったりする(1984年、中野サンプラザ)。この曲は1985年のヒットで、いきなりワイルドなサウンドに変わった。

07:52 - Money's Too Tight To Mention / Simply Red / Simply Red - Greatest Hits
07:56 - Any Way You Want It / Journey / Journey - Greatest Hits
08:01 - In The Mood / Robert Plant / The Principle Of Moments
この曲は、1983年にチャートで確か最高38位まで上がった曲で、あまりヒットしたとは言えないかもしれないが、私がおそらくオールタイムで好きなシングル曲を挙げるとしたらその上位10曲くらいには入るかも知れないくらいに好きな曲だ。当時はロバート・プラントが元レッド・ツェッペリンのギタリストヴォーカルだったということも知らなかったし、この曲で大変魅力的なドラムをプレイしているのが実はフィル・コリンズだったことも知らなかった(もちろんフィル・コリンズがジェネシスのメンバーだったことも最初は知らなかった)。いまからすると安っぽく聞こえてしまうようなシンセの音と、フィルコリンズ独特のドラミングとの掛け合いが堪らなくかっこいい。当時「エアチェック」(FMラジオで放送される曲をカセットテープに録音すること)が流行っていて私も多くの録音テープを今でも捨てれずに持っているが、そのエアチェックテープで何度も巻き戻して聴いていたことを思い出す。

08:05 - Call Me / Blondie / Atomic: The Very Best of Blondie
08:08 - Always Something There To Remind Me / Naked Eyes / Back 2 Back Hits: Naked Eyes/Spandau Ballet
ネイキッド・アイズ。数枚のシングルヒットで消えてしまった。この曲が60年代のヒット曲のカバーだったことは最近まで知らなかった。確か90年代にも誰かがカバーしていたはずだ。

08:12 - Our House / Madness / Divine Madness
『ぼくらんちは通りの真ん中にあるんだ』。なんだか今聴くととてもノスタルジックにすら聞こえる。

08:19 - Blue Monday / New Order / International
1983年のヒットだが、今聴いてもまったく色褪せていない。精緻で冷徹な打ち込みサウンドに乗せて、ヘタウマなヴォーカルと、リラクタントなギター。彼らの基本スタイルだ。

08:23 - Be Good To Yourself / Journey / Journey - Greatest Hits
08:32 - In A Big Country [US Single Mix] / Big Country / Through a Big Country - The Greatest Hits
バッグパイプの音色のギターソロが郷愁を誘う。

08:37 - Wood Beez (Pray Like Aretha Franklin) / Scritti Politti / Cupid & Psyche 85
スクリッティ・ポリッティ。彼らの曲は、単なるダンサブル・チューンという以上のものがあったように思う。このアルバム『キューピット&サイケ85』もかなりの名盤だ。

 
 
 *
 
 
2007/6/7。翌日の朝も、同じく80年代物を。

07:36 - Some Like It Hot / The Power Station / The Power Station
07:42 - Some Things Are Better Left Unsaid / Daryl Hall & John Oates / The Very Best Of Daryl Hall & John Oates
07:47 - Wishing (If I Had A Photograph Of You) / A Flock Of Seagulls / Platinum & Gold Collection - A Flock Of Seagulls
フロック・オブ・シーガルズ、一体今どれくらいの人が覚えているだろう? 私は辛うじて数曲を知っていただけだが、この曲は最近聞き直して好きになった。

07:52 - Tonight Tonight Tonight [Single Edit] / Genesis / Turn It On Again - The Hits
シングル用に短縮されたヴァージョン。オリジナルアルバムヴァージョンはこの倍の長さがある。高校時代からずっとジェネシスのファン。1987年の武道館でのライブに行ったあとに彼らの70年代のアルバムを聴いていった。73年の『Selling England By The Pound』は私のオールタイムのフェイバリットアルバムの上位5枚に入るだろう。

07:57 - True Faith / New Order / International
08:03 - Take Me Home / Phil Collins / No Jacket Required
08:08 - Big Log / Robert Plant / The Principle Of Moments
08:13 - Don't Answer Me / The Alan Parsons Project / The Definitive Collection
08:18 - Higher Love / Steve Winwood / Back In The High Life
08:22 - Dancing In The Street (with Mick Jagger) / David Bowie / Best Of Bowie
1986年の「ライブ・エイド」にあわせてリリースされたものだが、曲の出来としてはかなり「やっつけ仕事」的。この曲がリリースされた頃のラジオ番組でピーターバラカンさんがマーサ&ヴァンダラスのオリジナルを流して「オリジナルが数段カッコいい」と断言していたが、同感。

08:26 - Space Age Love Song / A Flock Of Seagulls / Platinum & Gold Collection - A Flock Of Seagulls
08:31 - In Your Eyes / Peter Gabriel / So (REMASTERED)
ピーター・ゲイブリエルのこの『イン・ユア・アイズ』は、ためらいようもなく、オールタイムで私の最も好きな曲(の一つ)だ。なおこの曲には、アルバムヴァージョンよりも若干長いという不思議なシングルヴァージョンがある(アルバムヴァージョンにはないフレーズが含まれていて、ライブなどではこの部分も歌われるので、後から付け加えた部分なのだろう)。私は当時輸入7"シングル盤で購入したが、このシングルヴァージョンは未だにCDとしては音源化されていない(と思う)。ぜひ入手出来るようにして欲しいものだ。

[PR]

by junitchy | 2007-06-09 16:21 | iPod playlists | Comments(0)
2007年 06月 02日
Liste de lecture : 31 mai 2007
2007/5/31。また久し振りに、今度はモンキーズの曲をシャッフル。

ちなみに、私の「洋楽事始め」みたいなことを書くとすると、彼らを外すわけには行かない。1980年代の初めころ、日本ではモンキーズのリバイバルブームがあった。そのきっかけはモンキーズショウの再放送と、コダック(だったと思う)のテレビCMで「Daydream Believer」が使われたこと。あっという間に火がつき、レコードが次々と再発され、ファンクラブが結成されたり、メンバーが来日したりした。何を隠そう、私はそのリバイバルの時以来のモンキーズファンである。

モンキーズというと、たとえば今でいう「メディアミックス」、つまりテレビショウ放映とレコードとのタイアップで売り出すために作られた架空のバンド、という紋切り型の受け取り方がある。そして実際にその通りなのであるわけだが、だからといって彼らの楽曲を貶める理由には全くならないし、むしろ当時の名だたる作曲家が提供した良質の楽曲を堪能することができるのである(もちろんメンバー自身による曲もある)。最初の2枚のアルバムでは楽器の演奏はほぼ全くやっていないとか、後期のアルバムではメンバーそれぞれが勝手にバックバンドを組んだりして各々で録音した曲を持ち寄っているだけ(実際、メンバー全員が参加して録音したアルバムは1〜2枚くらいしかないだろう)とか、もうそういうのを全部含めて「モンキーズ」なのであり、そんな彼らの曲が好きなのである。

なおRhinoレーベルから出た再発CD(リマスター+ボートラ満載)でほぼ全てのタイトルを揃えたのは2年ほど前で、やはりリバイバル当時にLPレコード(後期2枚を除くアルバム7枚とベスト盤)で持っていたものが馴染み曲が多く、今でも大好きだ。

 *

07:42 - Valleri / The Monkees / The Birds, The Bees & The Monkees

邦題「すてきなバレリ」。TVショウで、マイク・ネスミスによるギターソロの演奏風景がこれ見よがしにアップで映し出されているという場面がある。まるで「ちゃんと本人が演奏してます」と弁明しているようだ。


07:43 - Zilch / The Monkees / Headquarters

ぶつぶつと早口言葉をつぶやく、というジョーク曲。3枚目のアルバム『HEADQUATERS』は、このタイトルに託されたように(headquarters=司令官)、彼ら自身が自分のやりたいように、自分たちで曲を選び、自分たちで演奏して出来上がったバンドサウンドが聴ける唯一のアルバム。演奏のクオリティは決して高くはないが、ガレージ・バンドのような面白さがあり、なによりこの曲のように全体として楽しんでいるような雰囲気が感じられて好盤になっている。


07:46 - Circle Sky / The Monkees / Head

映画『HEAD』のサントラより。マイク・ネスミスのオフマイク的な甲高いボーカルとカッティングギターがカッコいい。


07:48 - Randy Scouse Git / The Monkees / The Monkees Greatest Hits
07:50 - Tear Drop City / The Monkees / Instant Replay
07:53 - Time And Time Again / The Monkees / Changes

メンバー二人になった最後のアルバムより。デイヴィ・ジョーンズが歌うバラード。後期のデイヴィはこういう曲ばかり。近年の「ソフトロック」の再評価などもあって救われている。


07:55 - French Song / The Monkees / The Monkees Present
07:59 - Ticket On A Ferry Ride / The Monkees / Changes
08:02 - I'll Be True To You / The Monkees / The Monkees
08:04 - Long Title: Do I Have To Do This All Over Again / The Monkees / Head

ピーター・トークの数少ないリードボーカルだが、モンキーズの他メンバーは演奏には参加していない。『HEAD』収録曲は良い曲揃いだ。ちなみにこの映画は80年代当時のリバイバルブームに乗り、1981年に劇場公開された。小5の時だったが姉と二人で渋谷の東急まで観に行ったことを覚えている。


08:07 - I Never Thought It Peculiar / The Monkees / Changes
08:10 - Carlisle Wheeling / The Monkees / Missing Links
08:13 - You're So Good To Me / The Monkees / Changes
08:15 - The Poster / The Monkees / The Birds, The Bees & The Monkees
08:17 - The Kind Of Girl I Could Love / The Monkees / More Of The Monkees
08:20 - Love Is Only Sleeping (Prev. unissued alternate mix) / The Monkees / Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd.
08:22 - Sweet Young Thing / The Monkees / The Monkees
08:25 - A Little Bit Me, A Little Bit You / The Monkees / The Monkees Greatest Hits

邦題『恋はちょっぴり』。3枚目のシングルのA面で、B面の『どこかで知った娘』とともに大好きな曲の一つ。


08:29 - Porpoise Song (Theme From "Head") (Single Version) / The Monkees / The Monkees Greatest Hits

『HEAD』のテーマ曲でサイケの名曲。ミッキー・ドレンツのボーカルがこのサイケな雰囲気にとてもよくマッチしている。後半にはイルカの鳴き声も入っている(Porpoiseとはイルカのこと)。この曲は1968年後半にシングルとして出たが売れず、モンキーズ人気の凋落を決定づけた。もちろん個人的には大好き。


08:31 - The Girl I Left Behind Me / The Monkees / Instant Replay
08:34 - Looking For The Good Time / The Monkees / The Monkees Present
08:36 - Mr. Webster / The Monkees / Headquarters
08:38 - Me Without You (Prev. unissued alternate mix) / The Monkees / Instant Replay
08:39 - Happy Birthday To You (Prev. unissued) / The Monkees / Head
08:42 - Acapulco Sun / The Monkees / Changes
08:45 - I Can't Get Her Off My Mind (Prev. unissued early version) / The Monkees / The Monkees

 *

20:19 - Sunny Girlfriend / The Monkees / Headquarters
20:20 - (Theme From) The Monkees (Prev. unissued early version) / The Monkees / The Monkees
20:23 - Words / The Monkees / Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd.
20:26 - Through The Looking Glass (Prev. unissued alternate mix) / The Monkees / Instant Replay
20:28 - If You Have The Time / The Monkees / Missing Links
20:31 - What Am I Doin' Hangin' 'Round? / The Monkees / Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd.
20:34 - Don't Listen To Linda / The Monkees / Instant Replay
20:37 - Hold On Girl / The Monkees / More Of The Monkees
20:39 - Tell Me Love / The Monkees / Changes
20:44 - Auntie's Municipal Court / The Monkees / The Birds, The Bees & The Monkees

モンキーズの全ての曲の中で私が一曲だけあげるとすれば、絶対にこれ。マイク・ネスミスが作曲に加わっている。ややイコライズされたボーカルはミッキー。「カントリー&サイケデリック」とでもいいたいようなレイジーでサイケな雰囲気が最高。このあたり、実はモンキーズはとても時代の先を行っていた、と思う。もっと多くの人に聴いてもらいたい。


20:47 - Words (Single Version) / The Monkees / The Monkees Greatest Hits
20:49 - Mary, Mary / The Monkees / More Of The Monkees
20:52 - All Of Your Toys (Prev. unissued alternate mix) / The Monkees / Headquarters
20:55 - Lady's Baby (Prev. unissued alternate mix) / The Monkees / The Birds, The Bees & The Monkees
20:57 - Nine Times Blue (Prev. unissued demo version) / The Monkees / Headquarters
21:00 - P.O. Box 9847 / The Monkees / The Birds, The Bees & The Monkees
21:03 - Don't Wait For Me / The Monkees / Instant Replay
21:06 - It's Got To Be Love / The Monkees / Changes
21:08 - The Girl I Knew Somewhere / The Monkees / The Monkees Greatest Hits

先ほども書いたが『どこかで知った娘』。マイク・ネスミスの作曲でボーカルはミッキー。この組み合わせは出来の良い曲が多い。この曲ではメンバー全員が録音に参加している。ピーターが弾くトイ・ピアノなども効果的で、この上なくキャッチーな曲。どこかのCMなどで効果的に使われたら、それだけでモンキーズ・ブームが再燃しそうだ。


21:11 - Let's Dance On / The Monkees / The Monkees
21:13 - I'm A Believer / The Monkees / The Monkees Greatest Hits
21:16 - Mary, Mary / The Monkees / The Monkees Greatest Hits
21:18 - Look Out (Here Comes Tomorrow) / The Monkees / More Of The Monkees
21:21 - Take A Giant Step / The Monkees / The Monkees
21:23 - The Day We Fall In Love / The Monkees / More Of The Monkees
21:26 - All Alone In The Dark / The Monkees / Changes
21:29 - Pleasent Valley Sunday / The Monkees / Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd.
21:32 - Laugh / The Monkees / More Of The Monkees
21:34 - Forget That Girl / The Monkees / Headquarters
21:37 - All Of Your Toys / The Monkees / Missing Links

当時のお蔵入り曲。「作られたバンド」「演奏出来ない」という世間一般の評価を打ち消すために、彼らが一時的に「本当のバンド」を目指していたときの曲だった。


 *

モンキーズの曲についてはいろいろと思い入れも多い。彼らの曲で「洋楽」というものにハマり、その後にビートルズを聴くようになった。1982年はビートルズ結成20周年だったので、ラジオで全曲放送などの特集番組をやったりしており、それをテープに録音してずっと聴いていた。あのときからすでに20年経ってしまったとは信じられない気がする。買ってもらったギターで「耳コピー」などしていたのもこの頃。なお、その後中学に入る頃から「全米トップ40」などのラジオ番組を聴いたりして同時代の洋楽を全般に聴き出した。高校時代にプログレを聴き出し、同時にクラシック(や現代音楽)へと手を広げたのだった。
まあこれからも、私の音楽の教科書的な存在として、彼らの曲を飽きることなく聴き続けることになるだろう。
[PR]

by junitchy | 2007-06-02 16:34 | iPod playlists | Comments(0)
2007年 06月 02日
Liste de lecture : 29-30 mai 2007
2007/5/29。
久し振りに聴いてみたくなり、Tears For Fearsの曲だけをシャッフル。

ちなみに私が持っている彼らのアルバムは:
 "The Hurting"
 "Songs From The Big Chair"
 "The Seeds Of Love"
 "Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)"
 "Elemental"
 "Raoul And The Kings Of Spain"
 "Saturnine Martial & Lunatic"
の7枚で、重複も含め全78曲。ボーナストラック有りのリマスター盤ではないため、USシングルミックスとかは入っていない。



07:44 - The Way You Are / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic

このアルバム「Saturnine Martial & Lunatic」はB面やレアトラックの編集盤。この曲は当時シングルで出たがチャートの上位にあがらず、ベスト盤にも収録されなかったもの。私はリアルタイムで聴いていたのだが、この曲はこのアルバムで聴くまで知らなかった。


07:49 - Fish Out Of Water / Tears For Fears / Elemental
07:53 - Sketches Of Pain / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain

1995年に出たこのアルバム「Raoul And The Kings Of Spain」。このタイトルにある「Spain」はもちろん国名なのだが、この語を口に出すたびに、その国を名指しながら、その背後にあって、「pain」(痛み)という語(あるいは「語素」)が、虚ろに響く...。そしてこの曲のタイトルは、「スペインのスケッチ」ではなくて最初から「痛みの素描」だ。グループ名Tears For Fearsからして伺い知れるとおり、彼らが歌う歌詞は、デビュー作の「The Hurting」からこの「Raoul...」まで、傷、痛み、苦しみ、そして特に子供の頃に受けたであろうようなトラウマ、というのが一貫したテーマだったように思う。


07:58 - My Life In The Suicide Ranks / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
08:03 - The Body Wah / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
08:08 - Head Over Heels / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
08:10 - Broken / Tears For Fears / Songs From The Big Chair

シングルヴァージョンの"Head Over Heels"のあとに"Broken"が続いたのはシャッフルの妙。アルバムでは「Broken」〜「Head Over Heels」〜「Broken(Live)」と続くところだ。そしてこの「Broken」が終わって、次の「Change」へのつながりも面白い。


08:14 - Change / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
08:20 - Johnny Panic And The Bible Of Dreams / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
08:25 - Don't Drink The Water / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
08:30 - Always In The Past / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
08:34 - New Star / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic


19:15 - Elemental / Tears For Fears / Elemental
19:19 - Ideas As Opiates / Tears For Fears / The Hurting
19:22 - Mad World / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
19:27 - Watch Me Bleed / Tears For Fears / The Hurting
19:31 - Famous Last Words / Tears For Fears / The Seeds Of Love
19:37 - Deja Vu & The Sins Of Science / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
19:44 - Swords And Knives / Tears For Fears / The Seeds Of Love
19:48 - Pale Shelter / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
19:53 - Break It Down Again / Tears For Fears / Elemental



2007/5/30。前日の続き。

07:46 - Secrets / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
07:54 - Badman's Song / Tears For Fears / The Seeds Of Love

これは彼らの曲の中で、私のフェイバリットの1、2を争う。オリータ・アダムスとの掛け合いのヴォーカル、ジャジーでダウントゥアースなサウンド。曲の長さをまったく感じさせない。何度聴いても飽きさせない。大好きな一曲。


07:59 - I Believe / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
08:06 - Shout / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
08:08 - Los Reyes Catolicos / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
08:11 - Dog's A Best Friend's Dog / Tears For Fears / Elemental
08:15 - I Choose You / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
08:19 - Brian Wilson Said / Tears For Fears / Elemental
08:23 - Bloodletting Go / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
08:27 - Humdrum And Humble / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
08:30 - Gas Giants / Tears For Fears / Elemental
08:35 - The Hurting / Tears For Fears / The Hurting

「これは恐ろしい夢なのだろうか?」と歌い出されるデビューアルバムのタイトルトラック。「恐れからくる涙」という名の彼らのコンセプトはここに凝縮されている。


08:39 - Laid So Low (Tears Roll Down) / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
18:27 - Sorry / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
18:31 - Me And My Big Ideas / Tears For Fears / Raoul And The Kings Of Spain
18:37 - Standing On The Corner Of The Third World / Tears For Fears / The Seeds Of Love
18:41 - Pale Shelter / Tears For Fears / The Hurting
18:45 - Tears Roll Down / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
18:51 - Sowing The Seeds Of Love / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
18:58 - Woman In Chains / Tears For Fears / Tears Roll Down (Greatest Hits 82-92)
19:02 - Everybody Wants To Rule The World / Tears For Fears / Songs From The Big Chair

大ヒットした曲だが、歌の内容まで知っている人はどのくらいいるだろう。「君の人生へようこそ。もう後戻りは出来ない」と歌い出されるこの歌詞を、当時中学生だった私は、歌詞カードを見ながら一緒に歌い、辞書を片手に訳したりしていたので、今でもよく覚えている。


19:08 - Start Of The Breakdown / Tears For Fears / The Hurting
19:12 - The Marauders / Tears For Fears / Saturnine Martial & Lunatic
19:17 - Mothers Talk / Tears For Fears / Songs From The Big Chair


やはり久し振りにまとめて同じアーティストの曲を聴いてみるのも良いものだ。
ということで、5/31のプレイリストへ続く。
[PR]

by junitchy | 2007-06-02 13:48 | iPod playlists | Comments(0)