<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
Another year
英語で another day とか another year とか言われる時の "another" という語は、どうも日本語に訳しにくい。普通の、何気無い、他と変わらない、ありきたりの、というようなニュアンスが出る。この意味で、今年という "another year" が終わろうとしている。

実際、無為にまた一年を過してしまった。いろいろなことがやりかけで、あるいは構想のみで手付かずのまま、終わろうとしている。ある種の閉塞状態、どっちつかずの未決定、ないしは怠惰、堕落、云々…。

写真撮影行は2〜3回しか行っていないような気がするし、山登りは夏以降の3回のみ。本は増えたがあれこれと読み掛けのまま打ち遣られ、部屋の中は散らかったままだ。ブログはたまにしか更新せず、サイトは閉鎖中。なんともはや。

来年に向けての抱負もなにもあったものではないが、少しは自分に制約(というか期限)を課してみたいと思う。「締め切り」という外的な要求は、時に、不可欠なのである。
[PR]

by junitchy | 2006-12-31 04:42 | 冗語縷々 | Comments(0)
2006年 12月 31日
教室
e0077380_3444674.jpg

e0077380_34531.jpg


Rolleiflex 3,5 F (Carl Zeiss Planar 1:3,5 f=75mm)
ILFORD FP4 PLUS 125
(2000/11/25 昭和記念公園内の野外教室にて)
[PR]

by junitchy | 2006-12-31 04:37 | 写真折節 | Comments(0)
2006年 12月 23日
L'ange de violon
e0077380_21491984.jpg


"L'ange de violon" (ヴィオロンの天使)
2000年春
Rolleiflex 3,5 F (mit Carl Zeiss Planar 1:3,5 f=75mm)

2001年5月に私のホームページ "junitchy : Cahiers des images" を公開した時、表紙ページに使ったのがこの写真だった。だが、公開開始後3週間ほどで別の画像(「赤い芥子の花」)へ差し替え、それをしばらく使っていたので、この「天使」の画像を見たことのある方は少ないのではないかと思う。ちなみにこの天使像は、近所にあったカフェの店先に置いてあったもの。

現在、私のホームページ(画像メインで、細々とそれ以外のコンテンツをアップしていた)は、サーバを移転するという名目で、休止中である。実はすでに新しいサーバは契約済で、あとはデータをアップロードするだけなのだが、どうせなら新しいコンテンツで再スタートしたい、という気持ちから、まだ再開出来ていない。
取り敢えず構想などは出来ているのだが、撮影画像のスキャン(パソコンへの取り込み)作業がどうにも捗らない。新しいスキャナを買ってからしようとか、だったら新しいMacを買ってからのほうが…、とか、色んな自分なりの言い訳を作って後回しにしてしまっている。

実際、過去数年に渡り撮り溜めたフィルムがたくさんあり、その整理も何となく進んではいるのものの、保管状況があまりよくないこともあって、出来れば早急になんとかしなければならないと思ってはいる。でもなかなか手が付けられないでいる。
年内の再公開はまず無理だろう。まあなんとか年明けには公開したいのだが、仮に出来たとしても、またしばらく表紙だけ(で中身のない)サイト公開になりそうな予感…。
[PR]

by junitchy | 2006-12-23 22:18 | 写真折節 | Comments(0)
2006年 12月 17日
イリュミナシオン
前回投稿からまたかなり空いてしまった。今後もこんなペースでしか投稿出来ないだろう。いろいろ書きたいことはあっても、なかなかまとめられない。というか、なかなか書く気分になれない、いや、単に怠惰、なのであるが。

そんなわけでまた写真でお茶を濁すことにする。以前撮影したローライでのモノクロ。

e0077380_100770.jpg


e0077380_1002731.jpg


撮影データ(二枚とも共通):
2000年12月9日 新宿にて
Rolleiflex 3,5 F (mit Carl Zeiss Planar 1:3,5 / f = 75mm)
ILFORD HP5 PLUS 400 (ISO800増感)

これを撮影した頃はモノクロにはまり、自家現像などやっていた。ただしフィルムの現像だけで、印画紙への焼き付けにはついに手を付けなかった。はまっているときは何でも面白いのだが、一旦面倒になってしまうと、もうダメである。そういえば、2001年頃に撮影して、現像していないままのモノクロフィルムが数本あったりする。何を撮ったかもう忘れてしまった。春になり、水温20度を保ちやすい陽気になったら、久し振りに現像液など用意してやってみようか。でももうフィルムの端から感光して、真っ黒になっているかも知れないが。
[PR]

by junitchy | 2006-12-17 10:35 | 写真折節 | Comments(0)