2014年 10月 13日
奈良・芳山二尊石仏
しばらくこのブログを放置していたが、この間に撮っていた写真画像などを少しずつ載せていこう。

   *

人知れぬ山中に置かれた古代の石仏。
奈良旅行を計画しながら、これをどうしても見たいと思った。

場所は奈良奥山。奈良から柳生方面へ向かう旧柳生街道から、芳山(ほやま)山中へ入る。
かなり分かりにくい所にあるので、事前に入念に準備した。
当日は、少し迷いつつもなんとかたどり着くことが出来た。

山道を登りきり、突然、野ざらしに置かれた石仏と出会う。なんだか、不思議な感覚だ。

 
e0077380_12413287.jpg



  
e0077380_12492559.jpg


 
 
e0077380_1250143.jpg



 
作成時期は奈良時代後期頃かと言われているが、それほどの年月を経ているとは思えないほどだ。
長く横倒しになっていたらしく、それが却って摩耗などを防いでいたのだろうか。
これからも長く、この山の中にそっと鎮座していてほしいものだ。


  
2014年4月16日 奈良にて
(1) LEICA M MONOCHROM, Carl Zeiss C Sonnar 1,5/50ZM
(2) SONY NEX-5N, Carl Zeiss Makro-Planar 2,8/60 (for CONTAX)
(3) FUJIFILM X-E1, Carl Zeiss "Touit" Distagon 2,8/12


 

 
[PR]

by junitchy | 2014-10-13 13:28 | 写真折節 | Comments(0)


<< 駿河湾洋上・富士      石仏(喜多院・五百羅漢) >>